アロマボトルの特徴

アロマボトルの特徴

香り
低い温度であたためるので、上品な微香が広がります。

輝き
水の中でライトが光るので、柔らかで深みのある輝きになります。ビー玉の配合と電球の色を変えれば、違う表情の光が楽しめます。

安全
電球と水は厚いガラスで仕切っているので安全です。また、10ワットの電球のため使用中も熱くならず、触れても大丈夫です。 火を使いませんから、焦げ付いたりすることもありません。(LED電球は口金部分のみ暖かくなります)

純粋
燃やすときに出る臭いが無いので、アロマオイルそのままの香りが楽しめます。

清潔
ススやカスが出ません。

調節
オイルの量、栓の開閉で、お好みの香りが得られます。ボトルに栓をすれば光だけを楽しめ、ボトルを布でくるめば香りだけを楽しめます。

簡単
セットする必要がないので、スイッチひとつで操作できます。また、面倒な後片付けも必要ありません。ボトルを持ち上げるだけで電球交換ができます。オイルが水の酸化を防ぐので、水を取り替える必要がありません。ただし、別のアロマオイルをご使用になる際は水を捨てて十分にすすいでからご使用ください。 香りが少なくなってきたら、アロマオイルを足すだけです。

経済的

ローソク球 (110V – 10W)
一日10時間のご使用で一日の電気代は2円50銭ほどです。

LED球(ミニボールタイプ 17mm   1.2W)
一日10時間のご使用で一日の電気代は30銭ほどで、1ヶ月毎日10時間使用でも電気代は9円ほどです。